初級

FX初心者におすすめの通貨ペアは?

通貨ペアとは?

Architecture, New York City, Manhattan

通貨ペアとは売買する2つの通貨の組み合わせの事で「ドル/円」「ユーロ/ドル」など複数あり「/」で区切り表記されます。

「/」の左側が「基軸通貨」で支払う通貨の事です。
「/」の右側が「決済通貨」で購入する通貨になります。

 

「ドル/円」でBUY(買い)した場合は、円を売ってドルを購入したことになります。SELL(売り)した場合は、ドルを売って円を購入したことになります。

 

FX初心者の通貨ペアの選び方

Sports, Persons, Running, People, Young, Lifestyle

FX初心者の方は「流動性が多い」通貨ペアを選ぶようにしましょう。

流動性(取引量)が少ない通貨の場合は、通貨の買い手が見つからず価値が下がって大暴落してしまうことがあります。

流動性が多い通貨は、買い手と売り手のバランスが崩れにくく、価格が安定しているので安心して取引することができます。

流動性が多い通貨ランキング

通貨ペア 割合
1位 ユーロ/米ドル 23%
2位 米ドル/円 18%
3位 ポンド/米ドル 9%
4位 豪ドル/米ドル 5%

通貨単体では「米ドル」が全体の90%を占めていて、通貨ペアの上位にはすべて米ドルが入っています。

 

FX初心者におすすめの通貨ペア

Taxi Cab, Traffic, Cab, New York, Street
通貨ペア
1位 米ドル/円
2位 ユーロ/米ドル

初心者はまず米ドル/円でトレードするようにしましょう。
初心者でトレードする通貨ペアを増やしたい場合でもユーロ/米ドルまでにしましょう。

米ドル/円

流動性も2位で価格も安定していて、決済通貨が「円」なので日本人には一番理解しやすい通貨です。

また22時頃からメインタイムになり、昼間仕事をしている人でもトレードしやすいので、まずは米ドル/円でトレードするようにしましょう。

 

ユーロ/米ドル

流動性だけを見るとおすすめの通貨ペアは「ユーロ/ドル」になりますが、我々日本人にとってはあまり馴染みがない通貨になるので初心者には少し難しいかもしれません。

FX口座には「円」を入金しているので「ユーロ/ドル」をBUY(買う)ということは、「円を売って米ドルを買って、米ドルを売ってユーロを買う」ようなイメージになります。

少し計算が難しいですが、最も流動性が多い通貨ペアなので為替の動きが読みやすく初心者にもおすすめです。