中級

ストキャスティクスで高確率で勝てる使い方

ストキャスティクスとは?

Trading, Analysis, Forex, Chart, Charts

 

ストキャスティクスは、一定期間における「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断する為の指標で「ファーストストキャスティクス」「スローストキャスティクス」2種類あります

 

ファーストストキャスティクスとは?

ファーストストキャスティクスは、「%K=短期線」と「%D=中期線」の2本の線を使って売買タイミングを判断します。

相場の動きに素早く反応する為、エントリータイミングが遅れにくくなりますがダマシが多いのが欠点です。

アルパカ先生
アルパカ先生
正直普通のストキャスティクスはダマシが多いので使えないよ!

スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスは、ファーストストキャスティクスを平均化した指標になり、Slow%K」と「Slow%D」の2本の線を使って売買タイミングを判断します。

平均化することにより、反応は少し遅くなりますがダマシを減らすことができます。

アルパカ先生
アルパカ先生
設定を変えるだけで、ダマシが減って高確率で勝てるようになるので、スローストキャスティクスを使うほうがいいよ!

スローストキャスティクスの使い方!

スローストキャスティクスでは、80%以上で「買われすぎ」、20%以下で「売られすぎ」と判断します。

・20%以下で「Slow%K」が「Slow%D」を下から上に上抜いた時(ゴールデンクロス)に「買いサイン」になります。

・80%以下で「Slow%K」が「Slow%D」を上から下に下抜いた時(デッドクロス)に「売りサイン」になります。

上図のように、一定の範囲の中で上下する数値を見て「買いサイン」「売りサイン」を見つけ判断します。

上記の図では、12回売買サインがでて10勝2敗という結果でした。
スローストキャスティクスの設定を変えるだけでダマシが減り勝率を上げることができます。

 

スローストキャスの設定

(上図はMT4のスマートフォンでの設定画面)

<スローストキャスティクスの設定>

・%K:30
・%D:10
・スローイング:10