初級

スキャルピングしやすい時間帯は〇〇時!

スキャルピングとは?

Clock Tower, Historically, Movement

スキャルピングは、数秒~数十秒でエントリーから決済までを完結し2PIPS~10PIPS程度の利益を狙い、1日に何度もトレードするトレードスタイルです。
平均的には1日20回程度トレードし、多いときでは100回以上トレードすることもあります。

メリット

スキャルピングは1日に何度もトレードチャンスが来るので、上手な人がトレードすればデイトレードやスイングトレードよりも早く利益を増やす事ができます。
また、少ない資金でも始めやすいです。

デメリット

下手な人がトレードすると、デイトレードやスイングトレードよりも早く資金をなくしてしまいます。
トレード中はずっとチャート画面を見ていないといけないので、時間の確保が必要になります。

スキャルピングしやすい時間帯

Steampunk, Gears, Pipes, Brass, Door

スキャルピングは1日に何度も取引を繰り返しますが、本当に期待値の高いトレードが見込める場面はそう多くはありません。
スキャルピングで利益を出しやすい場面は乱高下していて、ボラティリティが高い時です。

乱高下していてボラティリティが高い時間帯が1日の中で大体決まっています。

<スキャルピングしやすい時間帯>
・ロンドン時間前後の15時~18時
・ニューヨーク時間前後の21時~24時
・経済指標が発表された直後

相場は1日中活発に動いている訳ではないので、チャート画面に貼り付いていても時間の無駄になってしまいます。
ボラティリティが高い時間に集中してトレードするようにしましょう。