初級

リスクリワード比率の重要性!

リスクリワードとは?

Mathematics, Pay, District, One, Two

リスクリワードとは、期待できる利益が「リワード」想定される損失が「リスク」になり、FXに置き換えると期待できる利益が「利食い」想定される損失は「損切り」になります。

・期待利益が高く、想定損失が低いことが「損小利大」と言います。

・期待利益が低く、想定損失が高いことが「損大利小と言います。

損小利大とは?

損小利大は、利食いの設定より損切りの設定の方が近い状態のことです。

利食いの設定より損切りの設定が近ければ、利食いになる確率よりも損切りになる確率の方が高くなりますが、損失が小さくなり利益が大きくなります。

損大利小とは?

損大利小は、損切りの設定より利食いの設定の方が近い状態のことです。

損切りの設定より利食いの設定が近ければ、損切りになる確率よりも利食いになる確率の方が高くなりますが、損失が大きくなり利益が小さくなります。

 

「損小利大」と「損大利小」どっちがいいのか?

Question Mark, Pile, Questions, Symbolトレードスタイルによって例外もありますが「損小利大」の方がいいです。

なぜ「損小利大」の方がいいかと言うと、損小利大でトレードした場合は、4勝6敗でもプラスになる事が多いですが、損大利小でトレードした場合だと、6勝4敗でもマイナスになる事が多いからです。

アルパカ先生
アルパカ先生
FX初心者の人は、この「損小利大」考え方を忘れないように心がけましょう。

損小利大を実践しよう!

エントリーする前にリスクリワードを確認しましょう。

リスクリワードを確認して「リワード」よりも「リスク」の方が高い場合は、なるべくトレードしないようにしましょう。

 

「期待利益:想定損失=2:1」トレードした場合

「期待利益:想定損失=2:1」の「損小利大」で10回のトレードするとしましょう。

 勝率 勝ちー負け 損益
0勝10敗(勝率0%) 0-10 -10
1勝9敗(勝率10%) 2-9  -7
2勝8敗(勝率20%) 4-8 -4
3勝7敗(勝率30%) 6-7 -1
4勝6敗(勝率40%) 8-6 +2
5勝5敗(勝率50%) 10-5 +5
6勝4敗(勝率60%) 12-4 +8
7勝3敗(勝率70%) 14-3 +11
8勝2敗(勝率80%) 16-2 +14
9勝1敗(勝率90%) 18-1 +17
10勝0敗(勝率100%) 20-0 +20
アルパカ先生
アルパカ先生
損小利大で「期待利益:想定損失」=「2:1」の場合4勝6敗(勝率40%)でも利益が出るよ!

損小利大の目安

Mindmap, Brainstorm, Idea, Innovation

損小利大は「期待利益:想定損失」=「2:1」を目安にして、利食いと損切りを設定してみましょう。