中級

RSIでエントリーと利益確定を判断する方法

RSIとは?

Trading, Analysis, Forex, Chart, Charts

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、日本語では相対力指数という意味になります。

RSIは、一定期間における価格の変動幅から、相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を0%〜100%で表したテクニカル指標でオシレーター系の代表的な指標になります。

一般的には、14日の測定期間で「70%以上を買われ過ぎ」「30%以下を売られ過ぎ」の判断基準になります。

RSIの使い方

図を見ると、RSIが「買われ過ぎのライン」か「売られ過ぎのライン」に近づくにつれ、相場が反転しやすくなっていることがわかります。

30%以下で反転した時に「買い」、70%以上で反転した時に「売り」と判断できます。

RSIが50%付近(図①)では、小幅なもみ合いとなる事が多く、小幅なもみ合いを抜けた後大きく相場が動く事もあるので注意が必要しましょう!

アルパカ先生
アルパカ先生
既に買いポジションを持っていた場合は、70%以上で反転したら利食い、既に売りポジションを持っていた場合は、30%以下で反転したら利食いと、利食いの判断基準にも使えるよ!

 

RSIを使う注意点

Write, Notes, Paper Ball, Office, Paper

RSIが有効とされるのは主にレンジ相場です。

一定のレンジ相場を「上がったり」「下がったり」している時は「買いサイン」「売りサイン」がハッキリでやすくなります。

一方、RSIはレンジ相場には強いが、強いトレンド発生時には使い方に注意が必要になります。

強いトレンド相場では、RSIは上下のどちらかに(強い上昇トレンドなら上に)(強い下落トレンドなら下に)張り付いたまま機能せず、売り買いのタイミングを間違えることが多いので注意しましょう。

アルパカ先生
アルパカ先生
トレンド相場は移動平均線で判断し、レンジ相場はRSIで判断するなど組み合わせて使おう!