初級

FX初心者でもわかる簡単な利食い目安とは?

利食いとは

Money, Bank, Deposit, Grow Up, Income

利食いとは、今持っているポジションの利益を確定することです。

チャートを見ているその場で利食いする方法と、ここまで来たら利食いすると決めて予約を入れる方法があります。

ずっとチャートを見ていられない人は、利食いの予約注文を入れておきましょう。

2つの利食いパターン

Bookkeeper, Accountant, Office, Coffee

利食いは2つの方法があります。
「レンジ相場の利食い方法」と「トレンド相場の利食い方法」です。

「レンジ相場の利食い方法」は細かく利食いして利益に取り逃しを無くしますが「トレンド相場の利食い方法」は利益が伸び終わるまで利食いしません。

 

レンジ相場の利食い方法

上記の図のように「サポートライン」か「レジスタンスライン」の内側で利食いする方法です。

「買いでエントリーした場合」はサポートラインの内側に利食いの予約注文を入れ、レジスタンスラインの外側に損切りの予約注文を入れます。

「売りでエントリーした場合」はレジスタンスラインの内側に利食いの予約注文をいれ、サポートラインの外側に損切りの予約注文を入れます。

この方法には「メリット」と「デメリット」がありますが「デメリット」は対策方法があるので問題ありません。

 

<メリット>


・細かく利食いするので出ていた利益を取り逃すことが少なくなる。

 

 

 

 

<デメリット>

・利食いしなければもっと利益が出ていたのに取り逃してしまう事がある

 

 

 

 

<対策>

・サポートラインの少し上に予約注文を入れる事で、もっと伸びていた利益をリスクなく取る事ができます。

 

 

 

 

トレンド相場の利食い方法

トレンド相場の時は、トレンドラインを下回るまで利食いしません。

トレンドがどこまで続くかわからないので出来る限り利益を伸ばすようにしましょう。

 

 

トレンドラインからローソク足が離れたり近づいたりを繰り返して、真っ直ぐには進まず必ずギザギザに進みます。

ローソク足がトレンドラインに戻ってきて、節目を作るたびに損切り設定を動かしていきましょう。

ギザギザの節目かトレンドラインを下回ったら利食い(損切り)しましょう。

 

 

<メリット>
・細かく利食いをしないので、伸ばせる利益を最大化できる

 

<デメリット>
・利食い(損切り)を節目毎に動かさないといけないので、チャートを見ていないと利食い(損切り)設定をしにくい。

 

<対策>
・エントリー後にチャートを見ている時間があまり取れない人はトレール注文を使いましょう。

 

トレール注文を使うことで、損切りが一定距離を保ちローソク足を追跡していくのでチャートを見れない人には便利です。