中級

プロスペクト理論をFXに応用しよう!

プロスペクト理論とは?

Question, Quiz, Think, Thinking, Answer

プロスペクト理論とは、「ダニエル・カーネマン」と「エイモス・トベルスキー」によって発見された行動心理学です。

簡単に説明すると「人は得をする事より、損をする事の方を嫌う」と言う心理学です。

人は「得をする場面ではリスクを取らず確実な利益を求め」「損をする場面ではリスクを取ってでも最大限回避」しようとします。

人間はローリターンローリスクを好み「リスク回避を好む生物」だと証明されています。

コイン実験の心理学

Coins, Pennies, Money, Currency, Cash

今からゲームを始めます。

(A)コインを投げて「表が出れば30万円」「裏が出れば-10万円」になります。

(B)コインゲームに参加しなければ無条件で9万円貰えます。

あなたはどうしますか?

 

 

 

多くの人は(B)を選んでしまいますが(A)の方がお得です。

<期待値>

<コインゲームに参加した場合>
(30×1/2)+(-10×1/2)=10

<無条件で9万円貰う場合>
(9×1)=9

合理的に考えるとコインゲームに参加した方が1万円お得なんですが、人間はローリターンローリスクを好み、「リスク回避を好む生物」なので(B)を無意識で選んでしまいます。

 

 

 

 

しかし、次のパターンではどうでしょうか?

(A)コインを投げて「表が出れば-30万円」「裏が出れば+10円」になります。

(B)コインゲームに参加しなければ無条件で-9万円になります。

あなたはどちらを選びますか?

 

 

 

多くの人は(A)を選んでしまいますが、この場合は(B)の方がお得です。

<期待値>

<コインゲームに参加した場合>
(-30×1/2)+(10×1/2)=-10

<無条件で9万円貰う場合>
(9×1)=-9

コインゲームに参加すれば1万円損する事になりますが、人間は本能で(A)を選んでしまいます。

人間は目先の損を嫌うように本能でインプットされているからです。

 

プロペクスト理論をFXに例えると

News, Newspaper, Computer, Read

FXでは得は「利食い」、損は「損切り」と置き換えられます。

人間は利食いは早く、損切りは遅くするような考え方を本能でしているのです。

「1万円の利益は早く確定したくなり利益を伸ばせない」
「1万円の損失はまだ確定したくないので損失を大きくしてしまう」

この心理を理解した上で合理的に損小利大を実践しましょう。