中級

MACDの2つの使い方と1つの欠点

MACD(マックディー)とは?

Dollar, Money, Finance, Us-Dollar, Funds

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散方」と呼びます。

移動平均線を進化させて、より精度を高くした指標になります。

MACDで使用する移動平均は、指数平滑(しすうへいかつ)移動平均を使います。

指数平滑移動平均はEMAとも呼びます。

アルパカ先生
アルパカ先生
移動平均線がわからない人は先に移動平均を覚えよう!⇒移動平均線とは?

MACDの2パターン使い方

 

(青ライン=MACD、赤ライン=シグナル、緑のヒストグラムの中心線が0ラインになります。)

 

MACDでは、MACDとシグナルで判断する売買サインと、ヒストグラムで判断する売買サインがあります。

どちらも同じサインなので、見やすい方を使って下さい。
(上記の図では、2つとも表示させています。)

 

MACDとシグナルで判断する売買サイン

<MACDとシグナルで判断する売買サイン>

・MACDとシグナルが0ラインより下で、MACDがシグナルを下から上に突き抜けた(ゴールデンクロス)時が「買いサイン」になります。

・MACDとシグナルが0ラインより上で、MACDがシグナルを上から下へ突き抜けた(デッドクロス)時が「売りサイン」になります。

 

ヒストグラムで判断する売買サイン

ヒストグラムが、上側にある時は「上昇トレンド」、ヒストグラムが、下側にある時は「下落トレンド」を表します。

<ヒストグラムで判断する売買サイン>

・ヒストグラムが下から上に変わる時が「買いサイン」になります。

・ヒストグラムが上から下に変わる時が「売りサイン」になります。

 

MACDの欠点

Road Sign, Attention, Right Of Way, Note

MACDにも欠点があります。
レンジ相場では、ダマシ(間違ったサイン)が出やすいことです。

MACDが威力を発揮するのはトレンド相場に限られるので注意しましょう。