中級

トレンドを見分ける簡単な手法

FXのおすすめの手法!

Entrepreneur, Start, Start Up, Career

実際にFXで勝ち続けている人は、自分の確率した手法を持っています。

私は今までたくさんの手法を試してきましたが、その中でも一番オススメな手法のLONGMAを紹介します。

LONGMAとは?

Chart, Trading, Courses, Forex, Analysis

LONGMAは、62EMA(短期)144SMA(中期)200SMA(長期)800SMA(超長期)の4本の移動平均線を使ってトレンドを見極めるシンプルな手法です。

LONGMAの5つのパターンを覚えるだけで、トレンドを把握することができます。

 

LONGMAの5つのパターンでトレンド判断しよう!

上図では下記の色を使用しています。
・62EMA(短期):ピンク
・144SMA(中期):グリーン
・200SMA(長期):イエロー
・800SMA(超長期):ブルー

LONGMAでは「レンジ」「トレンド予兆」「トレンド発生」「トレンド崩れる」「小さなトレンド」の5つで構成されています。

今現在の4本の移動平均線の位置を見るだけで、簡単に現在のトレンドが把握できます。

レンジ 62EMA、144SMA、200SMA、が絡み合っている
(800SMAとも絡み合っている時は大きな動きの前触れ)
トレンド予兆 62EMAが800SMAをクロスする。
(144SMAと200SMAも800SMAとクロスすると62EMA〜800SMAが並びトレンド発生)
トレンド発生 62EMA、144SMA、200SMA、800SMA並びが正しい
トレンド崩れる 62EMAが144SMAとクロスする
小さなトレンド発生 800SMAを除く62EMA、144SMA、200SMAの並びが正しい
(長くは続かないので、利食いは短めに設定)

 

トレンド相場のトレード方法

Career, Man, Career Ladder, Rise, Social

トレンド相場では、62EMA、144SMA、200SMAのどれかが押し目になるので、押し目に戻って来た所で順張りでエントリーしましょう。

上図では、144SMAが押し目になっているので、144SMAのローソク足が戻って来たときにエントリーして、144SMAを下抜けたら決済しましょう。

レンジ相場のトレード手法

Statistics, Chart, Graphic, Bar, Symbol

レンジ相場では、高値と安値に平行なサポートラインとレジスタンスラインが引けるレンジ相場の時だけ、逆張りでエントリーしましょう。