初級

FXと株の大きな4つの違いとは?

FXと株の大きな4つの違い

Philatelist, Stamp Collection, Stamp
FX
投資対象 通貨 企業
取引時間 平日24時間 平日9時〜15時
レバレッジ 25倍〜1000倍 3倍
軍資金 1万〜10万 50万〜100万

 

投資対象

Airline, Architecture, Buildings, City

<FX>

約20種類の通貨ペアがあり、その中から通貨ペアを選びます。
代表的な通貨ペアは「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」などです。

複数の通貨ペアがありますが、最初は「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」の2つの通貨ペアだけで十分です。

初心者の内は「米ドル/円」だけに絞っても十分稼げます。
慣れてきたら「ユーロ/米ドル」も見るようにしてもいいと思います。

(FX会社によっては150種類以上の通貨ペアを取り扱っている所もあります。)

<株>

東京証券取引所などに上場している約3600社の企業を対象に投資を行います。

3600企業の中から業績や財務諸表など見て様々な分析をし、今よりも価格が上がりそうな銘柄を探して投資します。

上場している約3600社の内9割は50万円以下で購入することが出来ます。

安い株の場合は1株10万円程で購入できますが、高い株の場合は1株100万円以上必要になります。

 

取引時間

Clock, Time, Alarm Clock, Hour, Minutes

<FX>

平日の24時間取引出来ます。
(祝日も取引可能です)

<株>

平日の9時〜15時まで取引出来ます。
(11時30分〜12時30分の間は昼休みになるので取引できません。)

 

レバレッジ

Balance, Swing, Equality, Measurement

<FX>

国内のFX会社の場合はレバレッジが最大25倍
海外のFX会社の場合はレバレッジが最大1000倍

(10万円入金した場合)
国内のFX会社の場合は250万円分の取引が可能になります。
海外のFX会社の場合は1000万円分の取引が可能になります。

<株>

株のレバレッジは最大3.3倍

(10万円入金した場合)
33万円分の取引が可能になります。

 

軍資金

Wallet, Credit Card, Cash, Investment

<FX>

FXはレバレッジが高いので1万円~10万円あれば、全ての通貨ペアで取引可能です。

<株>

株はレバレッジが3倍と低い設定になっていて、安い株を1株購入する場合でも5万円くらいは必要になります。

企業の銘柄によって1株から買えるものや、100株、1000株単位でしか買えないものもあります。

1株単位で買えるものは、1株あたりの価格が5万円、10万円、100万円と高額な場合が多いです。

株を始めるなら最低でも50万円は必要になります。

 

FXと株のメリット・デメリット

Piggy Bank, Save, Money, Finance

<FX>

(メリット)
・24時間いつでも取引できる
・少ない軍資金で始めることができ

(デメリット)
・レバレッジが高いので注意が必要。

<株>

(メリット)
・選べる銘柄が多い
・株主優待がもらえる

(デメリット)
・取引時間が限られている
・軍資金がたくさん必要

アルパカ先生
アルパカ先生
日中仕事をしている人や軍資金が少ない人はFXがおすすめだよ!