中級

移動平均線の種類と使い方

移動平均線とは?

Grid, Ad, Board, Annual Report

移動平均線(Moving Average)とは、一定期間における価格の平均値を表した、最も重要なテクニカル指標の1つでトレンドを探るのにとても役に立つ指標になります。

 

3種類の移動平均線

Graph, Chart, Growth, Report, Analyst

移動平均線には大きく分けて「単純移動平均線(SMA)」「加重移動平均線(WMA)」「指数平滑移動平均線(EMA)」の3種類があります。

一般的には、単純移動平均線(SMA)を使用することが多いです。

 

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線は「Simple Moving Average」のことで、略して「SMA」と呼びます。

単純移動平均線は、基本的な移動平均線で単純に一定期間にの終値を平均化したものになります。

 

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は「Weighted Moving Average」のことで、略して「WMA」と呼びます。

加重移動平均線(WMA)は、「単純移動平均線」に比べ直近の価格に重み付けをして計算した移動平均線です。

5日加重移動平均線(WMA)の場合は、「5日目の価格を5倍」「4日目の価格を4倍」」「3日目の価格を3倍」「2日目の価格を2倍」にして計算したものになります。

「単純移動平均線」比べより直近に重点を置いた計算ができます。

 

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線は「Expornential Moving Average」のことで、略して「EMA」と呼びます。

指数平滑移動平均線(EMA)は、「単純移動平均線」と「加重移動平均線」に比べより直近の価格に重み付けをして計算した移動平均線です。

5日指数平滑移動平均線(EMA)の場合は、5日目のを2倍にして、5で割ったものになります。

「単純移動平均線」と「加重移動平均線に」比べより直近に重点を置いた計算ができます。

 

移動平均線の使い方

Light, Lamp, Warm, Kind, Mellow, Focus

移動平均線は、使い方や、組み合わせ次第で、様々な使い方ができますが、まずは基本的な使い方を覚えましょう。

 

移動平均線を使ったトレンド判断

(上図では、25日SMAを使用しています。)

・図①のように移動平均線が上向きで、ローソク足より下に移動平均線があれば上昇トレンドになります。

・図②のように移動平均線が下向きで、ローソク足より上に移動平均線があれば下落トレンドになります。

・図③のように移動平均線とローソク足が絡み合って、上下に行ったり来たりしている時はレンジ相場になります。

 

移動平均線を使ったエントリー判断

トレンドが発生している時は、ローソク足が移動平均線に「近づく」「離れる」をトレンドが終わるまで繰り返します。

上図の◯のように、移動平均線が「サポートライン」や「レジスタンスライン」の役をしてローソク足が反発しています。

この反発する所がエントリーポイントになります。

緑の◯で「買いエントリー」、ピンクの◯で「売りエントリー」しましょう。

 

2本の移動平均線を使ったエントリー判断

【上図では、短期線(5日線)と中期線(25日線)を使用しています。】

移動平均線では、期間の異なる複数を組み合わせることでエントリー判断をすることもできます。

基本的には、期間の違う2本の移動平均線がクロスする所がエントリーサインになり、買いサインを「ゴールデンクロス」、売りサインを「デッドクロス」といいます。

<ゴールデンクロス>
(上図①)のように、「ピンクの短期線」が「紫の中期線」を下から上に上抜けた時が「買いのサイン」になります。

 

<デッドクロス>
(上図②)のように、「ピンクの短期線」が「紫の中期線」を上から下に下抜けた時が「売りのサイン」になります。