初級

3つの時間足で判断しよう!

複数の時間足で判断しよう!

Statistics, Transparency, Company

FXのチャートでは、「1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足」のチャートがあります。

実際に取引する時は、複数の時間足のチャートを見て判断するようにしましょう。

私の場合は「大トレンドは4時間足」「中トレンドは1時間足」「小トレンドは15分足」で見て大まかなトレンドを見ます。
大きな時間足から順に見るようにしましょう。

複数の時間足を見ることよって「エントリータイミング」「損切りポイント」「利食いポイント」などがわかりやすくなります。

大・中・小のトレンドが同じ場合

上図では、上から「15分足」「1時間足」「4時間足」になっています。

<例>
・15分足は上昇トレンド
・1時間足は上昇トレンド
・4時間足は上昇トレンド

全てのトレンドが上昇トレンドの場合は、トレンドの沿ってエントリーしましょう。

今まで上昇トレンドだったが、支えられていたラインを割ったり、レンジになったりなどの変化が出てきたら、利食いを検討しましょう。

「4時間足」と「1時間足」に比べると「15分足」が1番早くトレンドの変化が出ますが、「15分足」でのトレンド変化は「4時間足」と「1時間足」の押し目や調整の場合もあるので注意しましょう。

大・中・小のトレンドが違う場合

上図では、上から「15分足」「1時間足」「4時間足」になっています。

<上図>
・「15分足は上昇トレンドの予兆」
・「1時間足は下落トレンド」
・「4時間足は下落トレンド」

上図を見て判断できることは、15分足が上昇トレンドに変化してきているが「1時間足」と「4時間足」はまだ下落トレンドになっておらず、62EMAに支えられているの状態なので、15分足は上昇トレンドでも、短期的な上昇で終わり、また下落トレンドに戻ると予想できる。

「15分足」の上昇とトレンドは、「1時間足」と「4時間足」の下落トレンドの押し目の上昇にすぎないということです。

複数の時間足を見ずに「15分足」だけ見てトレードしていると、短期間の上昇で終わりそうなので、早めに利食いしよう!など、適切な判断が出来なくなるので、こうしたミスをしない為にも、複数の時間足を見て判断するようにしましょう。