初級

市場ごとの特徴

FXの市場ごとの時間帯

Time, Clock, Watches, Time Of, Business

FXでは月曜日〜金曜日は1日24時間、常に世界中で取引が行われています。世界にはたくさんの為替市場があり、ウェリントン市場から始まりニューヨーク市場で終わります。

<市場ごとの時間(夏時間)

・ウェリントン(ニュージランド):5時〜14時
・シドニー(オーストラリア):6時〜15時
・東京(日本):9時〜17時
・香港・上海:9時〜18時
・シンガポール:9時〜18時
・フランクフルト(ドイツ):16時〜1時
・ロンドン(イギリス):17時〜1時
・ニューヨーク(アメリカ):22時〜6時

※冬時間(ウェリントン、シドニー、フランクフルト、ロンドン、ニューヨーク)は+1時間

このように、たくさんの市場で取引される事によって24時間取引が可能になっています。

しかし、すべての市場を意識してトレードする必要はありません。

世界の三大市場と言われる、最も取引量が多い3つ市場だけ意識してトレードすれば十分です。

 

アルパカ先生
アルパカ先生

市場と言っても、コンピューターを使ってたくさんの場所から売買を行っているので、市場と言う場所がある訳ではないよ!

また、◯◯市場とは取引が増える時間帯のことで、何時〜何時までと言う明確な時間帯が決まってる訳ではなく、取引が増える大体の目安の時間だよ!

最も取引量が多い市場の3つの時間帯

Stress, Businessmen, Businessman, Gears

世界の市場の中でも、三大市場と呼ばれる、良く取引される時間帯があります。この三大市場は取引が活発になる時間のことで、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の3つになります。

<三大市場(夏時間)>

・東京市場:9時〜17時
・ロンドン市場:17時〜1時
・ニューヨーク市場:22時〜6時

※冬時間(ロンドンとニューヨーク)は+1時間

 

三大市場の特徴

Hands, World, Map, Global, Earth, Globe

トレードする通貨ペアによっても異なるが、ドル円の通貨ペアでトレードしている場合を例に特徴を説明してみます。

<東京市場>
値動きが少なく、方向性がなくランダムに動きトレンドが形成しにくいのでトレードしにくい。

<ロンドン市場>
値動きが激しく、ロンドン市場の後半になるとニューヨーク市場も始まって、更に値動きが激しくなります。ニューヨーク市場が始まる前のロンドン市場は方向性がなくトレードしにくい。

<ニューヨーク市場>
値動きはロンドン市場と重なっている2時くらいまでは激しく、ニューヨーク市場の前半でできたトレンドはそのまま継続することが多い。

経済指標の発表時間も21時以降に集中している為、経済指標の発表結果によっては値動きがとても激しくなるので、発表前には必ずチェックしておきましょう。

アルパカ先生
アルパカ先生
・三大市場の時間を意識しよう!
・ドル円の通貨ペアではニューヨーク市場が一番稼ぎやすいよ!