初級

FX初心者でもEAを使えば勝てるのか?

EAとは?

Trading, Analysis, Forex, Chart, Charts

EAとは「Expert Advisor」の略で、エキスパートアドバイザーと言い、MT4で自動売買を行う為のプログラムです。

EAは主にMT4にダウンロードして自動売買を行うものになります。

EAには「スキャルピング専用のEA」「スイングトレード専用のEA」「ドル円専用のEA」「トレンド相場専用のEA」など様々な種類の物があります。

 

初心者でもEAを使えば勝てるのか?

Entrepreneur, Start, Start Up, Chart

初心者はEAを使っても勝てるようにはなりません。

完全に放置して勝てるEAは存在しないからです。
相場に応じて使うEAを変えるなど工夫しなければEAを使っても勝つ事はできません。

EAを使う場合でも相場を見極める能力が必要になるので、ますは自分で相場を見極めれる知識を身につけましょう。

EAのメリット・デメリット

Conclusion Of The Contract, Handshake

<メリット>
・EAには感情がなく決められたシステム通りにしか動かないので、「早めに利食いしてしまったり」「損切りを遅らせたりなど」ルールを破ってしまうこともなくなります。

・EAを使うとチャート画面を見なくても大丈夫なので、時間がない人でもトレードすることができます。

<デメリット>
・システム通りにしか動かないので、経済指標などの突発的な動きに対応できない。

・どの相場に適応できるEAが無いので、変な所でエントリーすることもある。

 

EAの選び方

Marketing, Graph, Screen, Exchange

EAには様々な種類のものがあるので「トレードスタイル」や「通貨ペア」に合ったEAを選ぶようにしましょう。

EAではバックテスト(過去の成績)とフォワードテスト(リアルタイムの成績)が公開されていますが、フォワードテストの成績を見るようにしましょう。

バックテストの成績は、過去の動きに合わせてEAを作っている事もあるので参考値程度に思っておいた方がいいです。

選ぶ基準として「プロットファクター」「最大ドローダウン」「勝率」「取引回数」を見て判断することができます。

 

<プロットファクター>
プロットファクターは利益率のことで、純利益を順損失で割った数値になりますので、プロットファクターの数値が高ければ高いほど優れているEAということになります。

目安としてプロットファクターが1未満だと利益が出ない為、使えないEAだと判断しましょう。
プロットファクターが1.5以上のEAが理想です。

<最大ドローダウン>
最大ドローダウンは連続して、負けた額の合計のことです。
3連続1000円ずつ負けると最大ドローダウンは3000円になります。

最大ドローダウンが資金の30%以上であれば危険ですので、使えないEAだと判断しましょう。

最大ドローダウンが10%以下が理想です。

<勝率>
勝率はトレードで勝つ確率のことなので、高い方が優秀ですが勝率が99%のEAは、最大ドローダウンがとても高くなっている事が多いので注意が必要です。

「利食い:損切り=1:100」であれば勝率は高くなりますが、まれに大きな損失をくらう事になるので、今までの勝ち続けていたとしても1回の損失でマイナスになる可能性もあります。

勝率だけを見てEAを選ばないようにしましょう。

<取引回数>
取引回数は多い方がいいです。

取引回数が月に1回しか無ければ、1年間のデータを検証しても12回のトレードデータしか検証できないので信頼性が低くなりますし、リスクも分散しにくいので最低でも1日1回はトレードしてくれるEAの方がいいです。

理想は1日2回、年間で500回以上の取引回数があったほうがいいです。

 

アルパカ先生
アルパカ先生
EAはほったらかしで稼げるほど優秀ではないので、ある程度トレード経験を積んで、相場を見極めれるようになってからEAは使うようにしましょう。