中級

ボリンジャーバンドの3パターンの動き

ボリンジャーバンドとは?

Trading, Analysis, Forex, Chart, Charts

ボリンジャーバンドとは、1980年台にジョン・ボリンジャー氏が開発した指標で移動平均線に標準偏差を加えたものになります。

主に為替が反転する目安を見る指標で、一定期間における移動平均線に対して1シグマ〜3シグマ(標準偏差)に収まる確率を表したものです。

 

アルパカ先生
アルパカ先生
移動平均線がわからない人は、先に移動平均を覚えよう!⇒移動平均線とは?

ボリンジャーバンドの使い方

上記の図では、「緑=移動平均線」「ピンク=±1シグマ」「紫=±2シグマ」になります。

中心線の移動平均線の上下に±1シグマ、±1シグマの上下に±2シグマのバンドをが表示されています。

一般的には、中心線には21日移動平均線を使い、その上下に±1シグマ、±2シグマと合計5本の線で表したます。
(±3シグマまで表示する場合もあります。)

<為替がシグマ内に収まる確率>

・−1シグマ〜+1シグマに価格が存在する確率は68.3%
・−2シグマ〜+2シグマに価格が存在する確率は95.5%
・−3シグマ〜+3シグマに価格が存在する確率は99.7%

実際の売買に用いる際には、上記の−2シグマ〜+2シグマまでを使う場合が多いです。

+2シグマに価格が来た時に、レンジの上限とみなし「売り」、−2シグマに価格が来た時に、レンジの下限とみなし「買い」と予想できますが、張り付いて機能しない事もあるのでボリンジャーバンドの3つの動きを見てエントリー判断しましょう。

ボリンジャーバンドの3つの動き

Office, Business, Paperwork, Document

基本的にボリンジャーバンドは「広がる」「狭まる」を交互に繰り返しますが、「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」といった3つの動きがあります。

この3つの動きには、それぞれの特徴があります。

 

スクイーズ

スクイーズは、ボリンジャーバンドが狭まっている所になります。(上図①)の場所がスクイーズです。

スクイーズの特徴として、値動きが小さくなり売買のタイミングがあまり来ないので、スクイーズの時はトレードせずに様子をみましょう。

スクイーズを抜けた後、抜けた方向に為替が動くことが多いです。

 

アルパカ先生
アルパカ先生
スクイーズでも値動きがあり、ボリンジャーバンドが一定幅で推移しているボックス的な値動きの場合(上図①)は、ボリンジャーバンドの上限、下限を意識して、逆張りトレードしてもいいよ!

エクスパンション

エクスパンションは、ボリンジャーバンドが広がっている所になります。(上図A)の場所がエクスパンションです。

ボリンジャーバンドが上下に開き始めたら、上昇または下落トレンドが発生する予想ができるので、トレンド方向に従いトレードしましょう。

ボリンジャーバンドが拡大している時(上図A)は強いトレンドが発生しているので、価格は拡大し続けてるバンドの上限、下限に張り付いて推移しがちになるので逆張りは危険です。

バンドウォーク

バンドウォークとは、エクスパンションが現れた時に、ボリンジャーバンドの±2ジグマに沿って為替が、上昇または下落している状態をのことです。(上図A)の場所がバンドウォークです。

バンドウォークは、いずれ終わり反発します。

バンドウォークが現れている時は、トレンドに従ってトレードしますが、いつ反発するかわからないので反発の予兆が出たタイミングで決済して、逆張りでエントリーしましょう。